様々な疾患を治療している墨田区の皮膚科

墨田区には、レーザーを使ってあざやほくろを治療している皮膚科があり、良い評判を得ています。イボの患者も多く、液体窒素療法によって治療しています。これはマイナス196度という低温の液体窒素によって患部を凍結し、イボを細胞ごと破壊する方法です。小さいイボでは1回の治療で終わりますが、大きいイボの場合は何回か通院することになります。

その他、子供に多い水イボの治療も行っています。水イボは医学的には伝染性軟属腫と呼ばれ、自然に消えていくこともありますが、放っておくと増殖するケースもあるため、診察を受けることが望ましいです。また墨田区では、陥入爪や巻き爪の矯正療法も行われており、多くの患者が完治しています。陥入爪は、主に足の親指などの爪の両側が皮膚に入り込んだ疾患です。

ひどい症状の場合は巻き爪と呼ばれます。通常、靴が足に合っていないために爪が圧迫されて生じます。女性の場合、先が細いパンプスなどを長時間履いていると、この陥入爪になることがありますので、注意が必要です。墨田区の皮膚科ではこの症状に対し、ワイヤー矯正による治療を行っています。

墨田区の皮膚科は予約制でないクリニックも多く、当日、連絡なしに行っても診察してもらえます。ただし待ち時間が多くなってしまうこともあるため、念のため電話などで確認した方が良いです。また日曜日に診療しているクリニックや、平日の夜8時半まで診察を受けられるところもあります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*