火傷の跡を残さないために気をつけたいこと

日常生活の中でうっかり、負ってしまいがちなのが火傷です。日焼けもまた、軽度の火傷に該当することからも、このことは理解できます。その跡を残さないためには、いくつか気をつけたい点があります。その前に、これはある程度のレベルを超えると皮膚組織に多大な影響を残してしまう可能性も懸念されます。

その判断材料のひとつとしては、水ぶくれの有無が挙げられます。ですからこの場合は、速やかに医療機関に相談して適切な治療を受けることが求められます。火傷の跡を残さないためには、まず直後に冷やして、そのダメージを少しでも低くすることが求められます。水ぶくれが発生しかかっている場合には、それを潰さないように注意するのも忘れないで下さい。

それから必要以上に触り過ぎない、刺激を与え過ぎないと言うことが必要です。跡の正体は色素沈着であり、これは肌に大きなダメージが加わったことによるメラニン色素の過剰分泌が原因です。ですから、触ったり、痒いからと言って掻いて刺激を与えたりすると、よりメラニン色素が分泌されてしまう可能性があり、結果として跡が残りやすくなってしまいます。日常生活の中で大きな刺激、ダメージになりやすいのが紫外線です。

よって火傷をした部分は、紫外線から守るようにすることも必要です。ただし日焼け止めを塗るのは避けて下さい。それからターンオーバーを促進することで、跡はじょじょに薄くなっていきます。ターンオーバーを促進させるためには、肌に潤いを与えることが必要不可欠です。

そのため低刺激の化粧水などを使用して、保湿をすることもポイントです。そしてメラニン色素の生成を防ぐ抗酸化力に優れ、肌の生成にも促進作用が期待できるビタミンCを、食事やサプリなどから摂取するのも効果的です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*