胃がん検診の検査内容について

胃がんは長期間にわたって、日本のがん死亡率の第1位となっていましたが、近年は少しずつ死亡率が低下しているために2003年から第2位となりました。胃がんの死亡率が減少した理由としては、診断技術の進歩があって、早期に胃がんを発見できる数の増加や、高度な医療技術の普及があると言えます。がん発生のことを考えると、現在においても日本で最も高い死因となっているものががんで、重要な疾病であることは変わりありません。胃がんはがん検診で7割方は発見が可能と言われており、治療の成果としては早期発見で治療できるがんと言えます。

近年では内視鏡治療を活用することでも、がんが見つけやすくなっています。より一層早期に発見できるようにするために、年齢が40歳を超えたときには毎年がん検診を受けることが望ましいと言えます。胃がんの一般的な検査方法として、バリウムを使用したX線検査と内視鏡検査の2種類があります。X線検査ではバリウムと空気の違いによって胃内部の凸凹を描写することで、粘膜の異常性を確認することができます。

精度の高い発見率を確保するために、高濃度のバリウムを使用して撮影するための工夫をしている医師もいます。内視鏡検査では病変や悪性のがんと良性のがんの区別、がんの広がりや進行速度を診断することが可能です。がん検診の内容としては内視鏡検査のほうがX線検査よりも優れていると言えますが、内視鏡検査では気持ち悪くなって苦手な方も多いので、X線検査を勧められる場合もあります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*