歩くと足が痛むときは墨田区の整形外科を受診する

歩くときに膝が痛むので、長時間の外出が辛くなったと感じている墨田区の方があれば、整形外科を受診し、検査を受けるようにしてください。足が痛むと、階段の昇り降りをするときも苦労するので、それ以上悪化する前に治すことが大切です。関節を調べると、変形関節症だとわかることがあるので、自分でマッサージをしたり、湿布を貼っても治らないときは早めにお医者さんの元に行くようにしましょう。墨田区の整形外科に行けば、その人に合った適切な方法で膝の痛みをケアしてくれます。

変形関節症は50代前後に発症しやすい慢性疾患で、加齢により、軟骨がすり減ったのが原因だといわれています。軟骨は関節内でクッションの役割をしていますが、それがすり減ると、組織が炎症を起こしやすくなります。水が溜まってしまうこともあるので、そのまま放置すると痛みがどんどん悪化してしまいます。軟骨のすり減りを市販のサプリメントで対策しようとする方もありますが、スピーディーに効果を実感したいなら、墨田区の整形外科で治療を受けた方が良いでしょう。

老化した関節を元に戻すのは難しいですが、薬で痛みを抑えることは出来ます。さらに運動療法や理学療法などを受ければ、症状を和らげられるので、通常の生活に戻りやすくなります。炎症や痛みを抑えるために、墨田区の整形外科の多くは薬や湿布を処方してくれます。膝を動かしやすくするため、関節内にヒアルロン酸などの薬剤を注射することもあります。

ストレッチなどの運動療法も効果がありますし、温熱や電気刺激、マッサージなどの理学療法で劇的に改善することもあるので、まずは受診するようにしてください。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*